TLC STUDIOUS

TLC STUDIOUS

TLC STUDIOUS(スタディアス)とは

STUDIOUSとは、「学問好きの、労を惜しまない、熱心な・・・」の意で弊社学術講習事業部の別称です。
 もともとは自社の研修会だったSTUDIOUSは、様々な手技療法を中心としたスペシャリスト育成の研鑽機会として2010年より一般開放して学術講習事業を開始しました。
現在では会員数が2000名を超え、皆様のご要望を踏まえて、各分野の先達の方々をお招きしております。
皆様の奮ってのご参加を歓迎いたします。
TLC STUDIOUS 会員登録・研修申込はこちら

今後 開催を予定している研修会

平成30年
    日程       講師         講題
 3月 11日(日)   河本忠久 講師  「メディカルフットケア・基礎編 」                  受付中
 4月~11月    西海奉成 講師  「関節運動学的アプローチ研修会 四肢編 ・ 体幹編」   受付中
 4月15日(日)   佐野裕子 先生
 6月  3日(日)   山内豊明 先生
 7月29日(日)   八木茂典 先生
11月11日(日)    園部俊晴 先生

受付中の研修

TLC STUDIOUS 第79回 (西海講師) 研修案内    (詳細PDFはこちら) 

「関節運動学的アプローチ(Arthrokinematic Approach)の治療技術」
講師
西海 奉成 講師
日程
平成30年4月~11月
四肢コース: 4月~  7月 (各月1回 全4回コース)
体幹コース: 8月~11月 (各月1回 全4回コース)
時間
全回共通 10:00~13:10
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
限定26名 (柔道整復師・鍼灸師・指圧按摩マッサージ師 有資格者限定)
費用
「四肢コース」 ・ 「体幹コース」  各50,000円(税込) 
※弊社開発SICS-Mobilizer付き
両コース同時にお申込みいただく場合10,000円引き!→ 90,000円(税込)
お申込み方法:
お申込みフォーム内「お問い合わせ内容」欄に「四肢コース」もしくは「体幹コース」というように受講されるコース名をご記入ください。
なお、両コースの受講をご希望される場合は「四肢コース・体幹コース 両方」とご記入ください。


【四肢コース】
肩関節、股関節をはじめとする大関節から、手根骨、足根骨へのアプローチなど、四肢の関節に限定した様々な症状へのアプローチ方法を学べる全4回のコースです。
日程 4月 8日(日)
    5月13日(日)
    6月17日(日)
    7月15日(日)

【体幹コース】
関節運動学的アプローチの真髄であり、最も難しいといわれている仙腸関節へのアプローチを中心に、椎間関節、肋椎関節など体幹部へのアプローチを学べる全4回のコースです。
日程 8月19日(日)
    9月16日(日)
     10月21日(日)
    11月18日(日)


両コースとも関節運動学的アプローチ(Arthrokinematic Approach)の実技が中心の講義です。
直接細やかな指導ができるよう、人数も26名に限定させていただいております。
参加された先生方からは「症状が改善した!」「臨床の幅が広がった」と嬉しい報告を多数頂いております。
毎年キャンセル待ちが出ておりますので、お申込みは是非ともお早目に!


SICS-Mobilizerとは…
(株)トータルライフケア学術講習事業部が3年かけて開発した関節可動補助器具です。
脊柱の生理的弯曲に合わせた構造で、背部に当て、8種類の簡単な運動をすることにより「仙腸関節」「椎間関節」「肋椎関節」「胸肋関節」の4つの関節を可動させることができます。
受講していただいた方にプレゼント!使用方法は講義内にご紹介いたします。

TLC STUDIOUS 会員登録・研修申込はこちら

TLC STUDIOUS 第78回 (河本講師) 研修案内    (詳細PDFはこちら) 

「メディカルフットケア・基礎編」 ~足部トラブルへのフットケア・アプローチでADL向上を~
フットケア
講師
河本 忠久 講師   (プロフットケアリスト、薬剤師、柔道整復師)
日程
平成30年3月11日(日)  10:00~16:30  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  看護師、柔整師、鍼灸師、あマ指師、及びその学生、CM、ヘルパー
 費用  10,000 円 (学生は6,000円) (共に税込み)
在宅において、筋力強化、バランス強化だけでは、ADLが改善しない方を多くみてきました。
多くの実例を基にした座学・実技を学び、看護師・セラピストの日常業務に活かしてみませんか?

セミナー当日には、ニッパーなどの器具を特別価格にて販売致します。
ご購入をお考えの方はどうぞご利用下さいませ。
【セミナー内容】
【座学】
・今なぜフットケアが注目されているのか?
・足部トラブルが招く ADL低下の実例
・ただ切る削るだけではない! 一歩先のフットケア
・これで納得! 論理的な靴選定のアドバイスとは?
・足部機能向上のための運動指導

【実技】
・ゾンデは爪周囲をお掃除するだけの器具ではない!
・明日からできる巻き爪へのテーピング
・意外に難しい! ニッパーでの爪切り
・低下した足底感覚を復活させよう!
など

実技では、弊社で認定を受けた看護師数名を助手と致しまして、デモンストレーションを交えて講義を進めて参ります。
※数人で組になって頂き、健常足でお互いに爪のカットやケアを習得して頂きます。
普段お使いの「爪切り」、「ニッパー」がありましたら、ご持参のうえ、セミナー当日に向けて、支障のない範囲で爪をある程度伸ばした状態でご参加下さい。

過去の研修

TLC STUDIOUS 第77回  (八木茂典 講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)  受付は終了致しました。 

「肩関節の機能解剖 ~評価から臨床応用へ~」
フットケア
講師
八木茂典 先生
日程
平成29年11月5日(日) 10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  PT・OT・ST・柔整師・鍼灸師・あマ指師、及び学生、その他興味のある方
 費用  10,000 円(税込み)
肩関節疾患の治療において、ストレッチングや筋力強化が行われていますが、それは有効ですか?
筋を伸張する目的なら、筋の付着部と走行を熟知し、走行に沿ってストレッチングする必要があります。
ストレッチングすると柔らかい部分が伸張され、硬くなっている部分は伸張されませんが、それでいいですか。
筋力強化する目的なら、筋が最短に収縮する方向に向かって行うべきですが、そのエクササイズでいいですか。
靭帯は、関節安定に作用しているので緩んでは困りますが、靭帯という名称でも、伸張していいものがあります。
関節包は、伸張性がありません。
パツッと張ったりしわができたりするものです。

今回のセミナーでは、機能解剖をしっかり踏まえ、何をよくするのかターゲットをはっきりさせて、どのように治療すればいいかをお伝えします。


【セミナー内容】
● 最新の肩関節機能解剖
● 拘縮肩(ストレッチは有効な方法ですか)
● 腱板断裂(どこがどのように損傷するのか)
● インピンジメント症候群(どことどこが衝突するのか)

【参考資料】
肩の新しい解剖知見に基づいた機能評価とエクササイズ. Sportsmedicine 115. 10-15. 2009.
水泳肩のリハビリテーション. 復帰をめざすスポーツ整形外科. メジカルビュー. 315-319. 2011
機能解剖にもとづいた腱板の評価. 整形リハ会誌14, 32-36, 2011.
肩関節の機能解剖と臨床応用. PTジャーナル 46. 367-375. 2012.
腱板機能からみた肩関節インピンジメント症候群に対する運動療法:その評価と治療のコツ. 臨床スポーツ医学30, 449-454, 2013.

TLC STUDIOUS 第76回  (今屋 健 講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)   受付は終了致しました。

「膝関節の触診技術と理学療法 ~評価から臨床応用へ~」
フットケア
講師
今屋 健 先生
日程
平成29年10月1日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  PT・OT・ST・柔整師・鍼灸師・あマ指師、及び学生、その他興味のある方
 費用  10,000 円(税込み)
膝関節の運動療法において、触診技術の習得は必須項目です。
臨床上、機能解剖に基づく触診により評価を行うことは多々あります。
そして、この触診技術が治療技術に直結することは言うまでもありません。
また、機能解剖的な解釈とは別に、個々人が持っている膝のタイプがあります。
このタイプを評価することにより、治療の方向性が変わってきます。
正しいタイプの評価に基づき、治療を勧めなければ良好な結果は得られません。
その他、膝の代表的な運動療法を紹介し、そのコツやピットフォールを実技を交えながら習得したいと思います。

上記内容について、実技を中心としたセミナーを展開いたします。


【セミナー内容】
●膝の機能解剖
●触診・評価技術の習得
●臨床的膝タイプの見極め
●運動療法 コツとピットフォール

・全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

TLC STUDIOUS 第75回 (古川容司 講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)  受付は終了致しました

「腰部脊柱管狭窄症及び変形性膝関節症の徒手的臨床」
フットケア
講師
古川 容司 先生
日程
平成29年8月27日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  PT・OT・ST・柔整師・鍼灸師・あマ指師、及び学生、その他興味のある方
 費用  10,000 円(税込み)
臨床で遭遇することの多い[腰部脊柱管狭窄症]および[変形性膝関節症]の2つの疾患について、[FRAT]フラットと[スイッチバックテクニック]を活用した効果的アプローチを学びます。
座学では各疾患に対する治療戦略を、実技では各技法の「効かせどころ」「勘どころ」をハンズオンで伝えます。
実技練習を通じて各技法によって引き出される確かな変化を体感、より立体的に技術を体得します。
現場での活用を前提としたFRATとスイッチバックテクニックの習得により、より高い治療成績向上を実現します。

本セミナーでは、下記の項目を主眼としています。
 「疾患の成り立ち」
 「治療戦略(回復に向けて何をどう変えてゆくのか)」
 「即時効果を出せる治療手技の獲得」

上記内容について、デモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。

【セミナー内容】
■FRATによる腰部脊柱管狭窄症の臨床
 【内容】
本講では腰部脊柱管狭窄症をテーマにFRATによる臨床応用についてお伝えします。FRATとは、側屈運動と呼吸運動を組み合わせることで関節機能を正常化する治療技法です。
腰部脊柱管狭窄症へのFRATによる効果的なアプローチを実習します。 
 【プログラム】
・腰部脊柱管狭窄症概略
・FRAT概略
・腰部脊柱管狭窄症における治療戦略
・実技

 ■スイッチバックテクニックによる変形性膝関節症の臨床
 【内容】
本講では変形性膝関節症をテーマにスイッチバックテクニックの臨床応用についてお伝えします。
SBTは、遠く離れた体節から影響を受けた患部に対して、ユニット上の筋膜組織を通じて痛みを発現する局所に負担を強いることなく筋膜機能を効率的に正常化する治療手技です。
膝OAへのSBTによる効果的なアプローチを実習します。
 【プログラム】
・変形性膝関節症概略
・SBT概略
・変形性膝関節症における治療戦略
・実技全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

TLC STUDIOUS 第74回 (河本講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)   受付は終了致しました

「メディカルフットケア・基礎編」 ~新たな視点からのフットケア・アプローチ~
フットケア
講師
河本 忠久 講師   (プロフットケアリスト、薬剤師、柔道整復師)
日程
平成29年7月23日(日)  10:00~16:30  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  看護師、柔整師、鍼灸師、あマ指師、及びその学生、CM、ヘルパー
 費用  10,000 円 (学生は6,000円) (共に税込み)
在宅において、筋力強化、バランス強化だけでは、ADLが改善しない方を多くみてきました。
メカノレセプターが多く存在している足部にアプローチする「メディカルフットケア」を体験し、看護師・セラピストの日常業務に活かしてみませんか?

セミナー当日には、ニッパーなどの器具を特別価格にて販売致します。
ご購入をお考えの方はどうぞご利用下さいませ。
【セミナー内容】
【座学】
・なぜ フットケアが必要なの?
・足部トラブルが招くADL低下の実例
・ただ切る削るだけではない!一歩先のフットケア
・足に合った靴を選んでいますか?
・足部機能向上のための運動

【実技】
・ゾンデの扱い
・簡単にできる巻き爪へのテーピング
・正しい爪の切り方
・低下した足底感覚の復活
など

実技では、弊社で認定を受けた看護師数名を助手と致しまして、デモンストレーションを交えて講義を進めて参ります。
※数人で組になって頂き、健常足でお互いに爪のカットやケアを習得して頂きます。
普段お使いの「爪切り」、「ニッパー」がありましたら、ご持参のうえ、セミナー当日に向けて、支障のない範囲で爪をある程度伸ばした状態でご参加下さい。

TLC STUDIOUS 第73回  (園部俊晴講師) 研修案内  (詳細PDFはこちら)  受付は終了致しました

「臨床現場で使えるインソールの簡易パッドの処方」
フットケア
講師
園部 俊晴 先生
日程
平成29年7月2日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名      費用  10,000 円(税込み)
臨床において、姿勢や動作を変えることは極めて重要であり、その知識と技術を習得することは、セラピストにとってとても重要となります。
姿勢や動作を変える方法は様々有りますが、インソールは効果的に変える手段の一つです。
インソールによって、運動連鎖を有効に利用した方法が分かれば、治療の展開は格段に容易なものになります。

今回のセミナーでは、姿勢や動作、そして関節機能の評価から、どの様に足部を誘導するかをお伝えします。


【セミナー内容】
● 姿勢や動作の見方
● 姿勢や動作を変えるための徒手誘導
● 徒手誘導とインソールの簡易パッドへの展開全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

【参考映像】
園部コンディション・ラボ →  https://www.youtube.com/watch?v=bq5wr_LmAyg
動作分析          →  https://www.youtube.com/watch?v=M87-ydVIKhM
体幹機能          →  https://www.youtube.com/watch?v=mOFKm6c73zo
臨床映像(中枢)      →  https://youtu.be/N3uo_2hFUG4
臨床映像(外側偏位)   →  https://youtu.be/GYAJHyn-7ns
臨床映像(外傷・術後)  →  https://youtu.be/BxNdwFsWQkQ

TLC STUDIOUS 第72回 (河本、山田、岩崎講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)  受付は終了致しました

「メディカルフットケア・導入編」  ~訪問看護STNでのメディカルフットケア導入のメリット~
フットケア
講師
河本 忠久   (プロフットケアリスト、薬剤師、柔道整復師)
山田 勉     (株式会社トータルライフケア専務取締役)
岩崎かず美   (トータルライフケア訪問看護ステーション用賀・所長、看護師)
日程
平成29年6月11日(日)  10:00~12:30   スウィーツ休憩あり
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  訪問看護ステーション・所長、管理者、看護師、その他関係諸氏
 費用  3,000 円(税込み)
昨今注目を浴びている「フットケア」。
糖尿病患者さん、透析患者さんの救肢を目的に、診療報酬改定が行われたことも注目を浴びる大きな要因となっています。
弊社では、訪問看護ステーションから「医療としてのメディカルフットケア・サービスの提供」を看護師が行っております。
6か所のステーション中、一番多い部署では約6割のご利用者様にメディカルフットケア・サービスの提供を行っており、潜在ニーズは高いという現状があります。
しかし、一般的には在宅では基礎疾患へのアプローチが主軸となり、胼胝(タコ)、鶏眼(ウオノメ)、巻き爪、外反母趾などの足部トラブルへのアプローチは必要性がありながらも放置されてしまっている、というのも現状です。

潜在してしまっている方々を救うため、訪問看護ステーションの業務として、メディカルフットケアの導入を考えてみませんか?
【セミナー内容】
・フットケアの重要性
・知識とスキル
・触ってみよう!フットケア器具
・訪問看護ステーションの実情
・地域包括との繋がり
・「美容」ではなく「医療」としてのメディカルフットケア・サービスの提供
・介護(医療)保険での導入と請求業務
・CM、Dr.とのやり取り、指示書依頼など

第1部ではフットケアの重要性を画像、動画を用いて。(担当:河本)
第2部ではメディカルフットケア導入によって形成される地域包括との繋がりや、そのメリットについて。(担当:山田)
第3部ではCM、Dr.との書類のやり取り、請求業務についての説明を致します。(担当:岩崎)

TLC STUDIOUS 第71回 (山嵜勉講師) 研修案内    (詳細PDFはこちら)  受付は終了致しました

形態構築アプローチ・実技編 ~臨床応用について~
講師
山嵜 勉 先生
日程
平成29年5月28日(日)  10:00~16:30  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
30名           費用  10,000円(税込み)
「破綻した運動機能を再構築する」ことこそが我々の業務であると山嵜先生が長い臨床経験と知識・技術を総括して築き上げた形態構築アプローチの理論。

 今回の講義では、破綻した形態の再構築を指標として動作機能構築を図り、動作機能を改善する方法としての形態構築アプローチについての概念と形態破綻に起因する疼痛や疾患について、臨床にてどのように活用していくのかをご講義頂きます。

【セミナー内容】
■形態構築アプローチ
・形態構築アプローチの概念
・関節の可動域と運動域
・動作の構築(寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行等)
・臨床応用(形態破綻に起因する種々の疾患に対する対応)

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。
当日は、山嵜先生とともに、15年以上「形態構築アプローチ」を臨床に活かしてこられた角本(かくもと)先生(板橋中央総合病院リハビリテーション科技士長)にも、助手としてご指導頂きます。

TLC STUDIOUS 第70回 (河本講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)     受付は終了致しました

「メディカルフットケア・基礎編」  ~新たな視点からのフットケア・アプローチ~
フットケア
講師
河本 忠久 先生
日程
平成29年3月12日(日)  10:00~16:30  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  看護師、柔整師、鍼灸師、あマ指師、及びその学生、CM、ヘルパー
 費用  10,000 円 (学生は6,000円) (共に税込み)
在宅において、筋力強化、バランス強化だけでは、ADLが改善しない方を多くみてきました。
メカノレセプターが多く存在している足部にアプローチする「メディカルフットケア」を体験し、看護師・セラピストの日常業務に活かしてみませんか?

セミナー当日には、ニッパーなどの器具を特別価格にて販売致します。
ご購入をお考えの方はどうぞご利用下さいませ。

【セミナー内容】
■メディカルフットケア
座学
・フットケアでADL向上を!
・巻き爪、タコ、ウオノメ、外反母趾への対応について
・ただ切る削るだけではない!一歩先のフットケア
・靴の選定、知らなかった靴のあれこれ

実技
・巻き爪への意外かつ有効な対処法
・正しい爪の切り方
・足底感覚の改善を
など

座学、実技を通して、今までアプローチをしていなかった足部トラブルを見直してみましょう!
そして「メディカルフットケア」をそれぞれのフィールドで活用してみましょう!

TLC STUDIOUS 第69回 (西海講師) 研修案内   (詳細はPDFこちら)     受付は終了致しました

「関節運動学的アプローチ(Arthrokinematic Approach)の治療技術」
講師
西海 奉成 先生
日程
平成29年4月~9月   各月1回開催 (第3土曜日中心) 全6回
時間
全回共通 13:00~16:10
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
限定20名(柔道整復師 鍼灸師按摩マッサージ指圧師 有資格者限定)
費用
全6回分 60,000円(税込み)   弊社開発のSICS-Mobilizer 付き
仙腸関節をはじめとするアプローチが実技中心の講義で学べます。
人数も20名限定なので、直接細やかな指導を受けられます。
過去に参加された先生方からも「症状が改善した!」とうれしい報告が続出。

受講された先生方に弊社開発のSICS-Mobilizerをプレゼント
使用方法もしっかりとお伝えいたします。

SICS-Mobilizerとは…
(株)トータルライフケア学術講習事業部が3年かけて開発した関節可動補助器具です。
脊柱の生理的弯曲に合わせた構造で、背部に当て、8種類の簡単な運動をすることにより「仙腸関節」「椎間関節」「肋椎関節」「胸肋関節」の4つの関節を可動させることができます。

平成29年度日程:
第1回 4月15日(土)
第2回 5月13日(土)
第3回 6月17日(土)
第4回 7月15日(土)
第5回 8月19日(土)
第6回 9月16日(土)

時間(全回共通):13:00~16:10

募集人数は20名限定です。
毎年キャンセル待ちが増えております。
お申込みは是非ともお早目に!

TLC STUDIOUS 第68回  (福井勉講師) 研修案内  (詳細PDFはこちらから)      受付は終了致しました

「身体正中化のバイオメカニクス、治療への応用」
講師
福井 勉 先生
日程
平成29年3月5日(日)   途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
30名           費用  10,000円(税込み)
バイオメカニクスを改めて身体に応用すると様々に展開可能である。
中でも身体を力学的にとらえることの難しさと奥深さを感じることが可能である。
治療においては、この考えを基に機能評価を行うことで展開可能になると思われる。
一部皮膚のテーピングも利用して動きを変化させることを体験して頂きます。

今回の研修会では、運動連鎖や臨床動作分析の権威で皮膚運動学の第一人者である福井先生にデモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。


【セミナー内容】
・動作分析における運動学的視点、運動力学的視点について
・身体重心の観察、足圧中心と床反力、支持基底面、関節モーメント、トレードオフなどについての臨床的な視点など
・皮膚の生理学的運動を応用したテーピング

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

TLC STUDIOUS 第67回  (冨田昌夫講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)     受付は終了致しました

「人に特有な情動と潜在認知を考慮した治療的運動学習」
講師
冨田 昌夫先生
日程
平成29年2月5日(日) 10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
30名           費用  10,000円(税込み)
人の行動は顕在認知に基づいた分析的・論理的思考と潜在認知である情動・本能が連携することで遂行される。
つまり私たちは認知、運動という意識できる活動に無自覚な要素である好き・嫌いといった情動や緊張、バランスのような自己保存の反応を無自覚に組み込んでいる。
さらに、意図的と思われている行動の選択・決定さえも無自覚に行っている可能性が強い。
私たちは、自分の意思でやりたいことを決定し、自分の意思で手足を動かして日常の活動を行っていると思い込んでいるが、実際にはそうではないのかもしれない。
また、情報の伝達・処理を神経中心で考えてきたが、化学伝達物質やリズムを含んだより複雑なレベルで捉え直す必要があるかもしれない。

今回の研修会では常に情動、感情、理性の統合、患者の不安や恐怖に正面から取り組んでいくことの重要性を強調しお話しされている冨田先生にデモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。

【セミナー内容】
・日常動作・基本動作の再構築を考える上での皮質下構造と皮質構造について
・知覚循環に基づく動作の再構築の重要性
・情動や潜在認知を無視することによって生じていた弊害
・情動、感情、理性の統合
・姿勢や様々な環境に適応した姿勢筋緊張の評価および徒手的介入

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

TLC STUDIOUS 第65回  (山本尚司講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)    受付は終了致しました

運動連鎖アプローチ®・実技編  ~産前産後に役立つ骨盤輪(仙腸関節)の知識とアプローチ~
フットケア
講師
山本 尚司 先生
日程
平成28年11月13日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名   PT・OT・ST・柔整師・鍼灸師・あマ指師・看護師 及び 学生、その他興味のある方        費用  10,000 円(税込み)
仙腸関節の機能は実にバリエーションがあり、疼痛、可動性、筋力発揮、動的安定性、ロコモーション、パフォーマンスなどさまざまな場面にて重要な役割を担っています。
重力下における姿勢制御において、重心のコントロールセンターとして要としての機能を有しており、仙腸関節のメカニズムを知ることで臨床のバリエーションが広がることは間違いありません。
特に近年、関心の高い産前産後に役立つ骨盤輪の基礎知識を踏まえ、理学療法士としてどのような専門性を発揮することができるのか?その可能性についても明らかになることでしょう。
今回の研修会では、山本先生の提唱されている、「運動連鎖アプローチ®」について、デモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。


【セミナー内容】
■ 運動連鎖アプローチ®
・骨盤と仙腸関節の基礎知識についての講義
・徒手的な評価実技
■ ・セルフケアとしての運動療法について体験

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となる予定です。

TLC STUDIOUS 第66回 (河本、岩井、成澤講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら) 受付は終了致しました

「訪問看護ステーションへのメディカルフットケア導入の実際」  ~請求業務も踏まえて~
フットケア
講師
河本忠久   (柔整師、薬剤師、プロフットケアリスト)
岩井かず美  (看護師、TLC認定フットケアナース)
成澤智恵子  (看護師、TLC認定フットケアナース)
日程
平成28年9月11日(日)  13:00~16:00  
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  訪問看護ステーション・所長、管理者、看護師、その他関係諸氏
 費用  2,000 円(税込み)
昨今注目を浴びている「フットケア」。
糖尿病患者さん、透析患者さんの救肢を目的に、診療報酬改定が行われたことも注目を浴びる大きな要因となっています。
弊社では、訪問看護ステーションから「医療としてのメディカルフットケア・サービスの提供」を看護師が行っております。
6か所のステーション中、一番多い部署では約6割のご利用者様にメディカルフットケア・サービスの提供を行っており、潜在ニーズは高いという現状があります。
しかし、一般的には在宅では基礎疾患へのアプローチが主軸となり、胼胝(タコ)、鶏眼(ウオノメ)、巻き爪、外反母趾などの足部トラブルへのアプローチは必要性がありながらも放置されてしまっている、というのも現状です。

このセミナーに参加して、足部トラブルでお悩みの方々へアプローチを!
【セミナー内容】
・フットケアの重要性
・知識とスキル
・フットケア器具の扱い方
・「医療としてのメディカルフットケア・サービス」の提供
・介護(医療)保険での導入と請求業務
・導入経費と指示書依頼

第1部ではフットケアの重要性を画像、動画を用いて。(担当:河本)
第2部では訪問看護現場でのフットケアについて、導入方法も含め実例を用いて説明致します。(担当:成澤)
第3部ではCM、Dr.との書類のやり取り、請求業務についての説明を致します。(担当:岩井)

TLC STUDIOUS 第64回  (園部俊晴講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)    受付は終了致しました

「運動連鎖を応用した理学療法」   ~評価から治療まで~
フットケア
講師
園部 俊晴 先生
日程
平成28年10月23日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名      費用  10,000 円(税込み)
臨床における運動連鎖の活かし方や動作分析能力を高める事は、セラピストにとってとても重要となります。
運動連鎖を有効に利用した方法が分かれば、治療の展開は格段に容易なものになることと思います。
研修会では運動連鎖を主体とした理学療法の「評価」「治療」について、足・膝・股関節など整形外科領域の下肢障害の治療を専門とし、運動連鎖を応用した治療概念にて専門家からも高い評価を受けておられる園部先生に、その考え方、ポイント等を丁寧にわかりやすくデモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。


【セミナー内容】
・スタティックな運動連鎖
・ダイナミックな関節モーメントについて(股・膝・関節)
・体幹・膝・足関節のアライメントを診るための評価法

運動学習・運動指導について全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

園部俊晴先生 講演解説
https://www.youtube.com/watch?v=M87-ydVIKhM

TLC STUDIOUS 第63回 (古川容司講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)   受付は終了致しました

「変形性膝関節症の徒手的臨床」  ~的確な除痛・機能回復へ、現場に直結する膝OA対策~
フットケア
講師
古川 容司 先生
日程
平成28年9月4日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
30名  柔整師、鍼灸師、あマ指師、及び前記学生
 費用  10,000 円 (学生は6,000円) (共に税込み)
「変形性膝関節症」は私たちが臨床で日常的に目にする、ごくありふれた疾患でありながら「変形による痛みは治らない」と諦められてしまうことも多い疾患です。
「変形性膝関節症」のように「移動」という能力にかかわる部位に生じた障害は、長く放置すればロコモーティブシンドロームへとつながり、人の終末期における「人生の質」を左右します。
そうした視点に立つと、普段身近に目にする「変形性膝関節症」というありふれた疾患は、私たちの存在意義に直結し得る重要なテーマだといえるのではないでしょうか。

今回の研修会では、評価から実践的な改善するための手技を疼痛の解除にとどまらず、機能面の回復までを臨床ベースにデモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。



【セミナー内容】
・変形性膝関節症とは
・徒手医学の適応症とはなにか?:関節機能障害の理解
・本当に変形した関節が痛みの原因なのだろうか?:変形は結果であって原因ではない!?
・退行変性のメカニズムを理解する:組織を傷つける異常運動
・痛みの原因を探る:関節・靭帯・筋筋膜、各組織への検査
・関節・靭帯由来の疼痛および不安定性への対処
・筋筋膜由来の疼痛への対処 など

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

TLC STUDIOUS 第62回 (河本講師) 研修案内     (詳細PDFはこちら)   受付は終了致しました

「メディカルフットケア・基礎編」  ~新たな視点からのフットケア・アプローチ~
フットケア
講師
河本 忠久 先生
日程
平成28年7月24日(日)  10:00~16:30  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
40名  看護師、柔整師、鍼灸師、あマ指師、及びその学生、CM、ヘルパー
 費用  10,000 円 (学生は6,000円) (共に税込み)
筋力強化、バランス強化などの訓練だけでは、ロコモティブ・シンドロームを予防することは困難であると考えます。
メカノレセプターが多く存在している足部にアプローチする「メディカルフットケア」を体験し、看護師・セラピストの日常業務に活かしてみませんか?

セミナー当日には、ニッパーなどの器具を特別価格にて販売致します。
ご購入をお考えの方はどうぞご利用下さいませ。

【セミナー内容】
■メディカルフットケア
座学
・フットケアでADL向上を!
・巻き爪、タコ、ウオノメ、外反母趾への対応について
・ただ切る削るだけではない!一歩先のフットケア
・靴の選定、知らなかった靴のあれこれ
・足部機能向上のための運動実技

実技
・ゾンデの扱い
・巻き爪へのテーピング
・正しい爪の切り方
・足底感覚の復活
など

座学、実技を通して、今までアプローチをしていなかった足部トラブルを見直してみましょう!
そして「メディカルフットケア」をそれぞれのフィールドで活用してみましょう!

TLC STUDIOUS 第61回 (山嵜勉講師) 研修案内    (詳細PDFはこちら)   受付は終了致しました

形態構築アプローチの概念と臨床応用
講師
山嵜 勉 先生
日程
平成28年6月12日(日)  10:00~16:30  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
40名            費用  10,000円(税込み)
「破綻した運動機能を再構築する」ことこそが我々の業務であると、山嵜先生が長い臨床経験と知識・技術を総括して築き上げた形態構築アプローチの理論。 
今回の講義では、破綻した形態の再構築を指標として動作機能構築を図り、動作機能を改善する方法としての形態構築アプローチについての概念と形態破綻に起因する疼痛や疾患について、臨床にてどのように活用していくのかをご講義頂きます。
【セミナー内容】
■形態構築アプローチ
・形態構築アプローチの概念
(人間の立位形態、自然立位形態変化と問題点、体幹の形態移行変化と四肢機能)
・臨床応用(形態破綻に起因する種々の疾患に対する対応)全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。
当日は、山嵜先生とともに、15年以上「形態構築アプローチ」を臨床に活かしてこられた角本(かくもと)先生(板橋中央総合病院リハビリテーション科技士長)にも、助手としてご指導頂きます。

「関節運動学的アプローチ(Arthrokinematic Approach)研修会」

TLC STUDIOUS 第59回 (西海講師) 研修案内   受付は終了致しました

「関節運動学的アプローチ(Arthrokinematic Approach)の治療技術」
講師
西海 奉成 先生
日程
平成28年4月~9月   各月1回開催 (第2土曜日中心) 全6回
時間
全回共通 13:00~16:10
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
限定20名(柔道整復師 鍼灸師按摩マッサージ指圧師 有資格者限定)
費用
全6回分 40,000円(税込み)
仙腸関節をはじめとするアプローチが実技中心の講義で学べます。
人数も限定ですから、直接細やかな指導を受けられます。
過年度参加された先生方からも「症状が改善した!」とうれしい報告が続出。

平成28年度日程:
第1回 4月9日(土)
第2回 5月14日(土)
第3回 6月18日(土)
第4回 7月9日(土)
第5回 8月20日(土)
第6回 9月10日(土)

時間(全回共通):13:00~16:10

募集人数は20名限定です。
毎年キャンセル待ちが増えております。
お申込みは是非ともお早目に!

TLC STUDIOUS 第60回 (長谷川尚哉講師) 研修案内  (詳細PDFはこちらから)   受付は終了致しました

「下肢オイルマッサージの実践〜施術面圧、圧のかけ方、施術動作における効用の整理〜」
講師
長谷川 尚哉 先生
日程
平成28年5月29日(日)   途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
30名 ( 柔整師、鍼灸師、あマ指師、看護師 及びその学生 限定 )
 費用  10,000円  (学生 6.000円) (共に税込み)
オイルマッサージは「心地よい」「むくみがとれる」などととらえられ、リラックスの要素が強いと考えられています。
実際、未だエビデンスレベルの高い報文は少なく、基礎理論もはっきりしていないのが現状です。
今回の研修会では、漫然とおこなわれがちになる下肢オイルマッサージについて、その対象となる部位への刺激がどのような効用を惹起するのか、海外の論文などを紐解き、また施術の要素を分解した上で練習していきます。
手技自体は傍から見ると違いはわかりませんが、惹起する施術側の感覚なども味わいながら施術練習を行います。

【セミナー内容】
・マッサージ等物理刺激が惹起する生体反応(論文のいくつかを紹介)
・マッサージ施術の要素分解とその目的別施術法、オイルの選定
・実技供覧と実践的練習

坐学と実技(デモンストレーションを含む)となっております。

TLC STUDIOUS 第58回  (高田治実講師) 研修案内  (詳細PDFはこちらから)   受付は終了致しました

「マイオチューニングアプローチ(MTA)  ~頚部に対する治療的アプローチ~」
講師
高田 治実 先生
日程
平成28年3月20日(日)   途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
40名           費用  10,000円(税込み)
マイオチューニングアプローチ(MTA)とは、
神経生理学的現象を利用して、主に筋が原因で生じる症状を改善するとともに、筋を活性化させる治療的なアプローチで、患者様の痛みや痺れ、筋緊張の異常、筋機能不全、麻痺、等を改善することにより、関節可動域や運動能力を向上させ、日常生活活動と生活の質を高めるとともに、精神的苦痛を和らげることを目的としています。
筋触察により患者様の訴えている症状が出現する部位を探し,再現症状を抑制部位への触圧覚刺激によって改善する手技で、症状を改善しながら施行する運動療法によって,筋の収縮機能および伸張機能を最大限に活性化させる自動能動的な治療アプローチでもあります.
今回はMTAの理論、症例紹介と症例に対する評価・治療の考え方などをご説明頂き、更に頚部に対する治療的アプローチをデモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。

【セミナー内容】
■マイオチューニングアプローチ(MTA)
・MTAの理論
・MTAの基本的な考え方
・筋触察と静的施行法の演習
・頚部に対する治療的アプローチ
など全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

TLC STUDIOUS 第57回  (福井勉講師) 研修案内  (詳細PDFはこちらから)    受付は終了致しました

「姿勢動作の視覚的分析と皮膚テーピングによる歩行制御」
講師
福井 勉 先生
日程
平成28年2月28日(日)   途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
40名           費用  10,000円(税込み)
人の姿勢の制御は簡単ではなく、それを運動療法に適応させるためには基本的な理解が必要です。
研修会では、どのような治療アプローチを行う場合にも有効と考えられる姿勢や動作のとらえ方の基本や身体重心、足圧中心のコントロールを施行する前後での変化やその解釈について、運動連鎖や臨床動作分析の権威で皮膚運動学の第一人者である福井先生にデモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。

【セミナー内容】
・治療アプローチを行う場合にも有効と考えられる姿勢や動作のとらえ方
・外力を制御しての歩行動作の変化(テープを使って)
・身体重心の観察、足圧中心と床反力、支持基底面、関節モーメント、トレードオフなどについての臨床的な視点など

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

TLC STUDIOUS 会員登録・研修申込はこちら

TLC STUDIOUS 第55回 (山本尚司講師) 研修案内  (詳細PDFはこちらから)  受付は終了致しました

運動連鎖アプローチ®・実技編 ~姿勢制御と代償運動の捉え方~
講師
山本 尚司先生
日程
平成27年11月29日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
40名           費用  10,000円(税込み)
日常生活において、重力下における姿勢制御は必要不可欠な要素であり、セラピストとしてしっかりと向き合う必要があります。
その際、多様なアプローチが存在していますが、テクニックに頼るだけではなく状況に合わせて考え方を発展させ、それにテクニックを伴わせるような展開力が必要です。
今回の研修会では、山本先生の提唱されている、
「身体の原理原則に基づくアプローチを臨床にてどのように活用していくのか」
について、デモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。

【セミナー内容】
■運動連鎖アプローチ®
・身体の原理原則に基づくアプローチ
・姿勢制御を考える上での代償運動やロコモティブシンドロームの捉え方

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

冨田 昌夫 講師  「情動と潜在認知を考慮した治療的運動学習」  H27.10.25  (詳細PDFはこちらから)

TLC STUDIOUS 第52回 (冨田昌夫講師) 研修案内   受付は終了致しました

「情動と潜在認知を考慮した治療的運動学習」
講師
冨田 昌夫先生
日程
平成27年10月25日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA 新中野」
定員
40名           費用  10,000円(税込み)
先日のNHKスペシャル「腰痛革命」では、慢性腰痛の原因が「腰背部」に問題があるのではなく、「前頭葉」に問題があり、痛みの恐怖が痛みの原因だとの事でした。
ただし、前頭前野との関わりが深いということ、その原因が恐怖という情動であることまでは明確に述べたものの、情動と前頭前野がどのように結びつくのかについては、何も述べられていませんでした。
今回の研修会では常に情動、感情、理性の統合、患者の不安や恐怖に正面から取り組んでいくことの重要性を強調しお話しされている冨田先生に、前記内容について深部脳との関連、情動と理性の関係、私たちの最大のテーマである「なぜ完全に治癒出来ないのか」など、「戦略を変えるために何をするかということ」を目的にデモンストレーションを交えて実技を中心にご講義頂きます。
【セミナー内容】
・深部脳の様々な核の機能や連携の仕方
・情動や潜在認知を無視することによって生じていた弊害
・情動、感情、理性の統合
・“自分を再構築する”支援をする治療の重要性
・無自覚に準備される構えやバランスの戦略
・行動変容を定着、保持できるアプローチ

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。

西海 奉成 講師   「AKA(関節運動学的アプローチ)の治療技術」  H27.09.27

TLC STUDIOUS 第53回 (西海講師) 研修案内   受付は終了致しました

PTOT最終学年限定 学生向け無料セミナー
『AKA(関節運動学的アプローチ)の治療技術』
講師
西海 奉成 先生
日程
平成27年9月27日(日)  10:00~15:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
40名    昼食付き    費用  学生向けにて無料
新たな時代を生きるセラピストのためのセミナーです!
来年度からいよいよ臨床の現場に立つ皆さん!学生のうちに本物の治療技術に触れてみませんか?理学療法士作業療法士の資格保有者が20万人を突破したいま、資格を持っているだけでは生き残れません。学生のうちに本物の技術に触れることで、ワンランク上のセラピストを目指しませんか。
【セミナー内容】
AKA(関節運動学的アプローチ)は関節運動学に基づく治療法で、関節の遊び、関節面のすべり、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法である。 関節機能異常からの症状は下記のものが挙げられ、 臨床的には、慢性的に患者が訴える症状の多くがこれらに属し、その症状を取り除く手技療法としてAKA(関節運動学的アプローチ)は欠かせない技術といえる。
 1.痛み(運動痛、圧痛、関連痛)
 2.運動制限
 3.感覚障害(しびれ、冷感、鈍麻)
 4.筋スパズム、凝り
 5.筋力低下、筋委縮
 6.腫れ、発赤
 7.皮膚の硬化
 8.その他(かすみ目、耳鳴りなど・・・)
今回は脊椎椎間関節のAKAを中心に紹介する。
TLC STUDIOUS 会員登録・研修申込はこちら

河本 忠久 講師   「メディカルフットケア・初級編」 H27.09.13   (詳細PDFはこちら) 

TLC STUDIOUS 第52回 (河本講師) 研修案内   受付は終了致しました

「メディカルフットケア・初級編」~セラピスト・看護師・ケアマネージャーのための新たなアプローチ~
フットケア
講師
河本 忠久先生
日程
平成27年9月13日(日)  10:00~16:00  途中1時間お昼休み
会場
セミナースペース 「TLC ACADEMIA新中野」
定員
40名      費用  6,000 円(学生は4,000円) (共に税込み)
筋力強化、バランス強化などの訓練だけでは、ロコモティブ・シンドロームを予防することは困難であると考えます。
メカノレセプターが多く存在している足部にアプローチする「メディカルフットケア」を体験し、セラピスト・看護師の日常業務に活かしてみませんか?
【セミナー内容】
■メディカルフットケア
座学
・フットケア概論
・日本での法規制について
・爪の役割
・巻き爪、外反母趾
・靴の履き方、選び方

実技
・巻き爪テーピング
・爪の切り方
・足裏への施術

座学、実技を通して、今までアプローチをしていなかった足部トラブルを見直してみましょう!
そして「メディカルフットケア」をそれぞれのフィールドで活用してみましょう!
TLC STUDIOUS 会員登録・研修申込はこちら

TLC STUDIOUS 第50回 (山嵜勉講師) 研修案内  受付は終了致しました

形態構築アプローチ・実技編~関節可動域と運動域、動作の構築~
講師
山嵜 勉先生
日程
平成27年7月12日(日)
会場
帝京科学大学 千住キャンパス 7号館 治療室
定員
40名
「破綻した運動機能を再構築する」ことこそが我々の業務であると山嵜先生が長い臨床経験と知識・技術を総括して築き上げた形態構築アプローチの理論。

破綻した形態の再構築を指標として動作機能構築を図り、動作機能を改善する方法としての形態構築アプローチについての考え方と方法を臨床にてどのように活用していくのかをご講義頂きます。
【セミナー内容】
■形態構築アプローチ
・関節の可動域と運動域
・動作の構築(寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行等)
全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となっております。
当日は、山嵜先生とともに、15年以上「形態構築アプローチ」を臨床に活かしてこられた角本(かくもと)先生にも、助手としてご指導頂きます。
TLC STUDIOUS 会員登録・研修申込はこちら

TLC STUDIOUS 会員登録

■会員だけの特典■ ※入会金、年会費等一切無料です。

○当会主催のセミナー情報を毎回メールでお知らせします!
○一般公募に先駆けての「会員優先予約」が可能です!(人気のセミナーも申込みやすい!)

※「会員優先予約」期間中に会員登録を完了された方は次回から優先予約の権利が
  生じます。悪しからずご了承下さい。
TLC STUDIOUS 会員登録・研修申込はこちら
TLC採用ブログ
TLC公式ブログ
トータルライフケア公式Facebook
FUSSMEDIページ
フスメディのFacebook
TLC STUDIOUS 研修会のご案内
TLC STUDIOUSのFacebook
メディア掲載一覧
TLC ACADEMIA 新中野
TLC ACADEMIA新中野
   ベッド20台・大型スクリーン完備 
   医療系セミナーレンタルスペース
詳しくはこちら
TLC AGRI
SICSモビライザー ご注文はこちら