本文へ移動

第66回(河本、岩井、成澤 講師)

受付は終了致しました

訪問看護ステーションへのメディカルフットケア導入の実際 ~請求業務も踏まえて~

講師
河本 忠久  講師(柔整師、薬剤師、プロフットケアリスト)
岩井 かず美  講師(看護師、TLC認定フットケアナース)
成澤 智恵子  講師(看護師、TLC認定フットケアナース)
日程
平成28年9月11日(日) 13:00~16:00
会場
セミナースペース
定員
30名 訪問看護ステーション・所長、管理者、看護師、その他関係諸氏
費用
2,000円(税込)
昨今注目を浴びている「フットケア」。
糖尿病患者さん、透析患者さんの救肢を目的に、診療報酬改定が行われたことも注目を浴びる大きな要因となっています。
弊社では、訪問看護ステーションから「医療としてのメディカルフットケア・サービスの提供」を看護師が行っております。
6か所のステーション中、一番多い部署では約6割のご利用者様にメディカルフットケア・サービスの提供を行っており、潜在ニーズは高いという現状があります。
しかし、一般的には在宅では基礎疾患へのアプローチが主軸となり、胼胝(タコ)、鶏眼(ウオノメ)、巻き爪、外反母趾などの足部トラブルへのアプローチは必要性がありながらも放置されてしまっている、というのも現状です。
 
このセミナーに参加して、足部トラブルでお悩みの方々へアプローチを!
【セミナー内容】
  • フットケアの重要性
  • 知識とスキル
  • フットケア器具の扱い方
  • 「医療としてのメディカルフットケア・サービス」の提供
  • 介護(医療)保険での導入と請求業務
  • 導入経費と指示書依頼
 
第1部ではフットケアの重要性を画像、動画を用いて。(担当:河本)
第2部では訪問看護現場でのフットケアについて、導入方法も含め実例を用いて説明致します。(担当:成澤)
第3部ではCM、Dr.との書類のやり取り、請求業務についての説明を致します。(担当:岩井)

研修詳細(313KB)

株式会社トータルライフケア
東京都都世田谷区奥沢3丁目45-6
TEL.03-5754-2868
FAX.03-5754-2878
TOPへ戻る